黄色い閃光 BattleSpirits攻略ブログ

日常の事やバトスピのことを中心に書いていきます。相互リンクはコメントまで^^

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

カウンター

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

もののけ姫の台詞(1) 

もののけ姫の台詞を書いてみたwww





(字幕)
むかし、この国は深い森に
おおわれ、そこには太古から
の神々がすんでいた。
(字幕終わり)
ヤックル
兄さま
ちょうどよかった
ヒイさまが、みな村へ戻れと
ジイジもそう言うの
ジイジが
山がおかしいって
鳥たちがいないの
獣たちも
そうか。ジイジの所へ行ってみよう。みんなは早く戻りなさい
はい
何か来る
ジイジ、何だろう
わからん。人ではない
村の方は、ヒイさまがみなを呼び戻している
来よった
タタリ神だ
タタリ神
ヤックル、逃げろ
村の方へ行く。襲う気だ
アシタカ、タタリ神に手を出すな。呪いを貰うぞ
ヤックル
鎮まれ、鎮まりたまえ。さぞかし名のある山の主と見受けたが、なぜそのように荒ぶるのか
お化け
村へ
止まれ、なぜわが村を襲う、やめろ。鎮まれ
しっかり
倒した
兄さま
ヒイさまを早く
火を絶やすな
兄さま
カヤ、触れるな。ただの傷ではない
アシタカが手傷を負った
ヒイさまは
みな、それ以上近づいてはならぬぞ
ヒイさま
この水をゆっくりかけておやり
はい
いずこよりいまし荒ぶる神とは存ぜぬも、かしこみかしこみあおす
この地に塚を築き、あなたの御霊をお祭りします。恨みを忘れ、鎮まりたまえ
汚らわしい人間どもめ。わが苦しみと憎しみを知るがいい
さて困った事になった。かの猪は、はるか西の国からやって来た。深手の毒に気触れ、体は腐り、走り走るうちに呪いを集め、タタリ神になってしまったのだ。
アシタカ彦や、みなに右腕を見せなさい
ヒイさま
アシタカ彦や、そなたには自分の定めを見据える覚悟があるかい
はい。タタリ神に矢を射る時、心を決めました
その痣はやがて骨まで届いて、そなたを殺すだろう
ヒイさま、何とかなりませんぬか
アシタカは村を守り、乙女らを守ったのですぞ
ただ死を待つしかないというのは
誰にも定めは変えられない。だがただ待つか自ら赴くかは決められる。見なさい
あの猪の体に食い込んでいたものだよ。骨を砕き、はらわたを引き裂き、むごい苦しみを与えたのだ。さもなくば猪がタタリ神などになろうか
西の国で何か不吉な事が起こっているのだよ。その地に赴き、曇りのない眼で物事を見定めるなら、あるいはその呪いを絶つ道が見つかるかもしれん
はい
ヤマトとの戦に破れ、この地に潜んでから五百有余年。いまやヤマトの王の力はない。将軍どもの牙も折れたと聞く。だが、わが一族の血もまた衰えた。この時に一族の長となるべき若者が西へ旅立つのは定めかもしれぬ
掟に従い見送らぬ。健やかにあれ
兄さま
カヤ。見送りは禁じられているのに
お仕置きは受けます。どうかこれを、私のかわりにお供させてください
大切な玉の小刀じゃないか
お守りするよう息を吹き込めました。いつもいつも、カヤは兄さまを思っています。きっと、きっと
私もだ。いつもカヤを思おう




どう??ww


スポンサーサイト
日記  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://nishino2.blog109.fc2.com/tb.php/68-fab87159
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。